山陰経済ウイークリー

 


◆山陰経済ウイークリーは山陰中央新報社が発行する週刊経済専門誌です。
  毎週火曜日発行。購読料は1カ月3,150円、1部840円(消費税込み)

 
 

 

 ※ 2020年5月26日の主な記事

 

 

 <Special Report>
手探りの再始動~緊急事態宣言解除~
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が5月14日、
山陰両県で解除されたのを受け、飲食店や観光施設が営業を再開し、商業
施設が時短営業を緩和するなど経済の本格回復に向けた動きが始まった。
一方で、休業を続ける店舗や観光施設もあり、対応はまだら模様。「新しい
生活様式」に沿った客の受け入れ方や勤務体制の継続など手探りの再始動
となった。

 

 ミックが企業のテレワーク導入をサポート
 さんびるがユーチューブでストレッチ動画
 「リーマン」以来の3カ月連続下方修正
 日銀松江支店4月金融経済動向

 

<今週の視点/論点>
 多胡 秀人氏
 (地域の魅力研究所代表理事)
  「コロナ戦争~医療最前線に恥じぬ金融機関のススメ」

 

<さんいん企業物語>
 山陰パナソニック(3)「全国1位」

 

<マイウェイ・マイライフー若手起業家群像>
 ビー・サイト 久保田夕さん(後編)

 

<フォローアップ>
 石州瓦工業組合の中期計画終了

 

<ニュース>
 2021年春山陰主要企業採用計画アンケート
 ケイ・エフ・ジーが新天然水発売
 帝国データバンクの休廃業·解散調査
 佐藤組が新社屋建設

 

<WEEKLY FACE>
 あうるネット 社長
  青戸 裕司氏

 

 

5月月26日号の表紙