山陰経済ウイークリー


◆山陰経済ウイークリーは山陰中央新報社が発行する週刊経済専門誌です。
  毎週火曜日発行。購読料は1カ月3,150円、1部840円(消費税込み)

 

 

 ※ 2019年3月19日号の主な記事

 

<Special Report~山陰経済最前線>
 再生なるか しまねお魚センター
 浜田市が、売り上げの低迷が続く水産品販売施設「しまねお魚センター」
を買い取り、近くの市公設水産物仲買売場と統合して「山陰浜田港公設市場
(仮称)」を2020年秋にオープンする計画を進めている。「再生」が急がれる
ものの、具体的な営業戦略や運営主体など、詰めなければならない重い課題が
横たわっている。

 

<さんいん企業物語>
 タイピック(3)「経営の多角化」

 

<今週の視点/論点>
 小林 美希氏(ジャーナリスト)

 

<フロム・インサイド>
 米子─ソウル便の増便継続

 

<企画 き・ら・り・ビジネス>
 勝部石材店(松江市)

 

<ニュース>
 タクシー3社でスマホ決済サービス開始
 中国地方初、ビショップが「出西店」開設
 受注拡大へ、エイブル精機が工場増設
 島根県信用保証協会「ほっと300」新設
 みずうみが4月から電動カート運行、法吉団地でも
 広島でAI・ビッグデータ地域活用セミナー
 3月24日に「山陰いいものマルシェin松江」
 島根半島の農産物使ったビールセット
 両県5空港の2019年度上期ダイヤ

 

<WEEKLY FACE>
(株)浜田あげぼの水産 社長 室崎 拡勝氏

 

 

 3月19日号の表紙